ファイナルファンタジー3 (ff3) DS(iOS Android PSP)|ジョブ評価 – 戦士

アビリティ

ふみこむ

*通常の「たたかう」の(1.5+熟練度/110)倍した攻撃。(熟練度99の場合2.4倍)ただし、コマンド発動後、使用したターン中は、通常攻撃で受けるダメージが、通常の計算結果の(1.5+熟練度/110)倍になる。

上記計算式は攻略本や攻略サイトの間違いで、正しい計算式は以下の計算らしい。

ダメージ倍率=1.5+ジョブ熟練度/330

解説

アビリティ「ふみこむ」の追加で、最後まで使えるジョブに。ふみこむは竜騎士の「ジャンプ」空手家の「ためる」のようにターン消費しないので、前衛ジョブでは火力NO.1といえる。

「ふみこむ」使用の防御ダウンは行動終了後だけでターン終了とともに切れるので、ボス戦では斧などの重い武器を装備してわざと攻撃順序を遅らせるのも有効。重装備の割に思ったより素早さが高いのは長所にも短所にもなりえる。

ブラッドソードで攻撃しながら回復もできる。(「ふみこむ」と併用すれば終盤はかなりの回復量)ディフェンダーのアイテム使用も非常に役に立つ。

打撃攻撃系ジョブ全般にいえることだが、序盤は魔法系のジョブより火力は劣る。(特にボス)熟練度が上がり、強い武器を手に入れられるようになる中盤以降からが本領発揮。

また、これも大抵の前衛攻撃系ジョブにいえるが、敵の攻撃をバコバコ受けて倒れていることが多い。特に戦士はふみこむを使用するのでその確率が若干上がる。

序盤から最後まで長く育てられるのも強み。しっかり育てていれば、後半は前衛ジョブ2人分の役割を果たすまでになる。

強力な全体攻撃を使うボス戦では、極力危険な攻撃を受けないよう短期決戦が重要だし、後半のボスは特にHPも高いので強力なアタッカーが必要になる。

雑魚戦においても、後半はHPが1万、2万以上ある敵も多く、1ターンで仕留められるか、2ターンかかるかというのはゲームを進める上でのストレスは段違い。

前衛ジョブでは最も基本的なジョブであるが、ゲームを通して考えたアタッカーとしての性能はジョブ中1,2を争うくらい優秀。

sponsored link
LINEで送る
Pocket