ファイナルファンタジー3 (ff3) DS(iOS Android PSP)|ジョブ評価 – ナイト

アビリティ

魔法

クラス1の白魔法を使うことができる。

まもる

全てのダメージを(40+熟練度/5)%カットする。

その他

瀕死状態の味方の代わりに敵の通常攻撃を受ける。

解説

初心者はかなりの数使う人が多いジョブではないだろうか。FC版では最終的に忍者に取って代わられるものの、活躍期間としては前衛では一番のジョブであった。

DS版では弱体化というわけでもないが、他のジョブがパワーアップした分ちょっと地味な扱いになった。

ナイトを使うメリットはやはり瀕死の味方の代わりに攻撃を受ける「かばう」の能力があることだろう。

レイズやフェニックスの尾で生き返らせた仲間など、瀕死の仲間を守ることができる。ボス戦では、「全体攻撃」→「直接攻撃でとどめ」のパターンも多いので有用だ。が、ナイトが死んでしまうことも・・

装備は前衛としては最強だが、他のジョブには攻撃力アップ系のアビリティがあったりするので、火力役としては平凡。「かばう」の能力を期待した守備的な前衛として期待するのが良い。

しかし、「かばう」はコマンド入力ができず、味方が瀕死状態にならないと発動しない。後半は瀕死になる前に敵の打撃で倒れてしまうことも多いし、魔法攻撃を使ってくる敵も増える。仲間の攻撃を受けるというのは、逆に自分が危うくなることでもある。

自分自身を守るには後列+盾装備で「まもる」をすれば本当に鉄壁になるが、そうすると攻撃ができない。攻撃をしないのなら味方が瀕死にならずとも使え、敵の防御も下げるバイキングの「ちょうはつ」の方が優秀。

「かばう」は熟練度が低くても効果的なところは長所でもあるか。でも、「かばう」を期待して時折単発でナイトを使うということはないし、バイキングは長く使うつもりなら熟練度の低い中盤でも「ちょうはつ」は十分機能する。

ナイトが後列両手盾装備の「守る」を使うと攻撃役が削がれるので、他に火力の高いアタッカーが2人はほしい。だが、戦士は装備が被るので除外。となると、パーティー構成を考えても難しいところが出る。

すばやさが極端に低いので雑魚戦では後手に回り、フィニッシャーにすると必ず敵の行動を待ってからの攻撃になってしまう。かといって、ナイトの攻撃の前に敵を倒してしまうと熟練度が上がらない。

普段は素早く行動できる「まもる」などで意識的に熟練度を上げていかないと後半きつい。だが、これだと攻撃に参加できなくなるし、腕熟練度が上がらない。(この辺はバイキングでも同じだが)

逆に、足の遅さを利用して最後にアイテムで回復や蘇生を行う戦略を立てることも出来るかもしれないが…

色々総合すると、攻守バランスが良いだけに、それが逆に中途半端で使い勝手が悪くなっている。弱体化しているわけではないが、FC版と比べてしまうとやや微妙な位置づけに。

それでも、決してダメジョブというわけではない。むしろ、総合的には優秀な部類だろう。

全滅したくない、守備的パーティーを作りたいのなら選択肢に入れてもいいジョブかも。通信環境があり裏ボスに挑戦するのなら、ナイトを使った攻略法というのも一応ある。

序盤に戦士を使ってきて、ナイトを最後まで使うつもりの人は、チェンジ可能になったらじっくり育てたい。

sponsored link
LINEで送る
Pocket