ファイナルファンタジー3 (ff3) DS(iOS Android PSP)|ジョブ評価 – バイキング

アビリティ

ちょうはつ

敵1体の通常攻撃を自分対象にする。熟練度による成功率は以下の通り。

1~20:60% 21~40:70% 41~80:80% 81~98:90% 99:100%

さらに、付属効果として(熟練度/2)%だけ対象の防御力を下げる効果。(最大49%)

解説

イメージ的には前衛ジョブでは一番不人気?のようであるが、実は隠れた優良ジョブ。

あまり注目されることはないが、吟遊詩人や赤魔道士のようにFC版からかなりパワーアップして使い勝手が良くなっている。

「挑発」は敵の通常攻撃を自分に引き付けて、さらに相手の防御を下げる技であるが、バイキングを後列に下げて両手に盾を装備すれば鉄壁を作れる。

防御的な戦略が図れる戦闘ジョブであるが、ナイトのように仲間が瀕死にならなくても、敵の攻撃を自分に集中させることができる。その分、自分は攻撃に加わることが出来ないし、ナイトのように自分は防御することもできない。「ちょうはつ」はたまにミスすることもある。

防御することはできなくても、後列+両手盾を装備すればかなりダメージは減らせる。ナイトも防御を意識するのであれば後列盾装備、もしくは「守る」が必要になるので結局、攻撃と防御の両立はできない。それなら攻撃参加できないことは問題ない。

さらに、挑発には相手の防御を下げる追加効果があるので一石二鳥。といっても、FF3DSは後半でも敵の防御力は大したことないので、吟遊詩人の「うたう」ほどの大きな効果はない。

戦士の「ふみこむ」と非常に相性が良く、半端な前衛ジョブ2人に通常攻撃させるよりも、戦士の「ふみこむ」とバイキングの「ちょうはつ」を合わせたほうが敵に与えるダメージも大きく被ダメも減らせたりする。

挑発(かばう)は全体攻撃には効果がない、すばやさが極端に低くて通常攻撃は後手に回るなどはナイトと同様だが、「ちょうはつ」はターン始めに発動するので熟練度は上げやすい。

熟練度を上げればより確率が上がり、追加効果の防御ダウンも効果的になる。敵の攻撃を引き付ける効果は熟練度が低めでもわりと成功するが、どうせ使うならじっくり育てたほうがお得。

「ちょうはつ」ばかりしていると、熟練度は上がるのだが腕熟練度が上がらない。バイキングは武器が重く素早さも低いのでヒット数が少ない。そのため、他の前衛ジョブに比べると若干ダメージは落ちる。

腕熟練度を上げようとするとターン最後の攻撃まで回るように計算しなくてはいけないし、敵の攻撃を受けてしまう。(これはナイトも同様だが。)短期的に狩人の素手+みだれうちで腕熟練度は別に稼いだほうが楽かもしれない。

だが、バイキングが攻撃参加することは実際はほとんどない。雑魚戦でバイキングの攻撃に頼るようなことはないし、ボス戦はひたすら「ちょうはつ」である。

前衛に出して攻撃参加させていると、今度はいざという時に壁役になれないので攻撃と守備は両立しにくい。(壁になるなら後列配置がベスト)正直、思い切って常に壁役に徹したほうがいい。

後半は雑魚も1体で登場する大型の敵が多いし、中盤でもベヒーモスなどの強敵が全く恐くなくなる。ボス戦での貢献度が特に顕著で難易度が一気に下がる。

全滅の可能性が極端に減り、ボスは一気に雑魚化するので初心者ほど使うべき。緊張感がなくなりつまらなくなるのが嫌な人は逆に使わないほうがいい(笑)

守備的ジョブとしてナイトを選ぶ人が多いだろうが、実際はナイトよりもサポートに特化できるので使いやすい。裏ボス戦でも非常に有効なジョブ。

sponsored link
LINEで送る
Pocket