ファイナルファンタジー4 (ff4) DS(iOS Android)|デカント アビリティ(個別解説3)

うたう

◆効果:様々な効果のある、「うた」を歌うことが出来る

◆お勧め使用キャラ:1.リディア 2.エッジ 3.適当に

コメント

「使いようによってはそこそこ使える」程度の認識である人が多いが、実は超強力なアビリティで、うまく使うと、オーディンやリヴァイアサン、バハムート、ゼロムスなどのボスを1周目だろうが簡単に倒すことができる。

「かいふくのうた」や「えいゆうのうた」は結構役に立つ程度かもしれないが、「すばやさのうた」は「ヘイスト」の上昇量を凌駕し、同時に「ヘイスト」「バーサク」を併用し、さらに相手を「スロウ」状態にすると、時間が止まったかのように攻撃を連発してくれる。裏技級の強さなのでとにかく一度お試しあれ。

すばやさのうた 小技

くすり

◆効果:回復アイテムを一度に全員に使うことができる(アイテムは人数分必要)

◆お勧め使用キャラ:セシル、リディア、エッジなど

コメント

1周目は手持ちのデカントアビリティの数が少なく、ギルバードへの譲渡はスルーすることが普通なので、通常手に入るのは2つ。

2周目以降は好みで。「アイテムの知識」を持っているキャラにつけると効果倍増できる。もしくは、戦闘中暇になりやすいキャラにつけると、全体に「ハイポーション」などで回復役として期待もできる。

一般的な状況で最も役に立ちそうな使い方は、全体に「フェニックスの尾」で一度に復活というパターンだろうか。「フェニックス」を取るまではかなり有用な手段となりそう。

ローザは全体回復も「魔法全体化」+「レイズ」もあるし、復活した後での回復による迅速な建て直しを考えると、ローザに付けるのは好ましくない。

「エリクサー」を使うと、擬似「ラストエリクサー」として使える。そこまでするような相手はほとんどいないが。

アイテム1つで全員に使えるとかであればものすごい使えたと思う。とにかくお金がかかるし、アビリティ装備欄の都合もあり、このアビリティを使うことはあまりない。

かくれる

◆効果:隠れて敵の攻撃のターゲットから外れる(一部を除いて、こちらの行動も制限される)

◆お勧め使用キャラ:1.エッジ 2.ローザ

コメント

1周目はギルバードのデカント譲渡を諦めることが多いため、通常は手に入るのは2つ。

「かくれる」を使用してる時に選べるコマンドは「あらわれる」だけで、普通に考えればよほど死なせたくないキャラが身を隠す用途にだけにしか使えないが、なんと、エッジの「なげる」とローザの「ねらう」は隠れながら使えてしまう。

当然、これを利用しない手はないので、使用するのもまずはエッジ、そしてローザが適任だろう。

打たれ弱いエッジにはぴったり。「かくれる」+「なげる」+「フェニックス」で安全圏から「ふうましゅりけん」を投げたりという戦法もあり。

ただし、ATBゲージが満タンになった時に、20%の確率で勝手に出てきてしまうことがある。

おもいだす

◆効果:ランダムで特定の魔法を放つ(失敗することもある)

◆お勧め使用キャラ:1.シド(ヤン) 2.(シド) 3.適当に

コメント

使える魔法がランダムで、失敗も多く、成功してもファイアなどの下級魔法ばかりという使えないアビリティ。

たまに「バブル」などの有用な魔法が発動するが、全く計算できない。「ふたりがけ」を使ったほうがいい。迷わず捨てアビリティ候補。

(wikiには黒魔法でなくバブルなど~と記載があるが、普通に下級黒魔法が大半だったが..)

余った周回分のアビリティは適当に。

ふんばる

◆効果:瀕死状態になると防御力と魔法防御力が2倍になる

◆お勧め使用キャラ:1.シド(ヤン) 2.セシル 3.エッジ(カイン)

コメント

瀕死時に2倍になったところで、次の攻撃を受けると結局即死するという使いどころが?のアビリティ。

瀕死状態は最大HPの1/4なので、HPを9999にすれば2499で瀕死になれる。防御力が2倍とのことなので、アダマンアーマーなどを装備すればそれだけ効果的かもしれない。

使うなら、「がまん」をつけた盾役のセシルにさらに保険としてさらに「ふんばる」をつけるか。

もしくは、「ぎゃくてん」との組み合わせがお勧めか。「ぎゃくてん」「げんかいとっぱ」「ふんばる」「あんこく」とつけて瀕死のバーサク状態で戦う戦略もあり?そう考えればそれなりに役に立つかも。でも、プロトバブイル戦ではどうせ無意味だし、他にそんな戦略で使えそうなところはそんなにないかも。

大抵はこれを付けるアビリティの枠のあまりもなく、あったとしても別の有用なアビリティを付けた方が得ということになり、1つは離脱キャラへの譲渡用として使うことが多い。

sponsored link
LINEで送る
Pocket