ファイナルファンタジー4 (ff4) DS(iOS Android)|デカント アビリティ(個別解説5)

かえんりゅう

◆効果:敵味方全体に火属性のダメージを与える

◆お勧め使用キャラ:ローザ、リディア、エッジ

コメント

消費MPが多い上、味方にもダメージを与えるため攻撃用としては使えない。全員に「アダマンアーマー」と「のろいのゆびわ」を装備させれば攻撃回復両用にはなるが、そこまでするほど大した技でもない。

LV70からのレベル上げのステータス上昇値が優秀で、3つともステカンスト用に使うことになると思われる。

しらべる

◆効果:「ライブラ」と同じ効果が敵全体にかかる

◆お勧め使用キャラ:1.フースーヤ 2.セシル 3.好みで

コメント

「ライブラ」は一度使っておけばいいので便利だが、別に必須でもない。「しらべる」の代わりにセシルとローザの「ライブラ」や「かいじゅうずかん」でも代用できる。そんなとこで、1周目は離脱キャラ用。

全敵にライブラをかけてライブラマスター(そんなのないけど)になっても特に意味はないが、序盤のボスに「ライブラ」をかけたい場合は、バロンで買える「かいじゅうずかん」か2周目の「しらべる」をセシルにつけて3周目にやればOK。

かいぞう

◆効果:攻撃用の戦闘アイテムを消費してその戦闘中だけ装備武器に属性を付加する

◆お勧め使用キャラ:セシル、カイン、エッジ

コメント

武器に属性を付けるのでローザやリディアには基本不要。リディアは黒魔法があるし。離脱キャラに渡さずに3つあるのであれば、そのまま前衛キャラの3人に使おう。

相手の弱点をつけるので、うまく使えば大活躍できる可能性を持ってはいる。聖属性を吸収してしまう敵に対して、聖属性の武器を持つセシルやカインの属性を変えるのにも使える。

もう一つ、「ボムのみぎうで」などで火属性にして攻撃することで、ダメージを1.5倍にする効果がある。この効果のほうが価値がある。「たつまき」は誰か別のキャラが1度使うだけでいい。

クリア後に考えると、これはもっと見直されていいアビリティかもと思い始めた。離脱キャラにあげてしまうのはもったいないかも。

ぎゃくてん

◆効果:瀕死時に攻撃力と魔法の威力が2倍になる

◆お勧め使用キャラ:カイン、セシル、リディア(エッジ)

コメント

瀕死状態でないと発動しないので、なかなか使いたいときに使えないのが難点。ただ、うまく発動すれば効果は大きい。

リディアにとっては唯一の魔法ブースター。ただ、やり込むとフレアなどは9999カンストしてしまうので、「げんかいとっぱ」がないと最終的には宝の持ち腐れ。ただ、それでも役に立つ機会はあると思う。

徐々にHPが減っていく「あんこく」とも相性がいい。これも「げんかいとっぱ」があれば他の攻撃UPアビリティなどと併用して大ダメージを与えられる。

とりあえず、「げんかいとっぱ」を使った2人とリディアの3人に使うといいか、前衛3人(エッジ)でもいいけど。

あんこく

◆効果:HPを消費して数ターン攻撃力2倍に

◆お勧め使用キャラ:1.セシル 2.カイン 3.エッジ

コメント

使うとHPが減るものの、ダメージの底上げができ、1度使えば数ターンの間効果が持続するという、戦士系キャラには超のつくくらい優秀なアビリティ。攻撃力UPのアビリティでは最も使い勝手が良い。

ただし、使うと闇属性が付与されるので、闇属性耐性を持つ一部の敵にはダメージUPの効果がない。

魔法攻撃には意味がないので、前衛の3人に使うことになる。「ためる」や「ジャンプ」などの他の攻撃力UPのアビリティや「バーサク」と併用可能。HPが減っていくので「ぎゃくてん」も相性がいい。

1周目にセシルに付けると2周目以降も冒険が楽になり便利だが、カインに「ためる」や「ジャンプ」と併用させて対ボス用の火力役になってもらってもいい。

sponsored link
LINEで送る
Pocket