ファイナルファンタジー4 (ff4) DS(iOS Android)|デカント アビリティ(個別解説8)

サミング

◆効果:敵全体を暗闇状態にする

◆お勧め使用キャラ:好みで

コメント

「うそなき」ほど多くの敵には効かないが、ボスにも有効なことがある。FF4DSは雑魚キャラの攻撃も激しいので、そこそこ使えるのではないかと思う。ただし、入手が困難、且つ1つしか手に入らないので誰に使うかは計画的に。

ネミングウェイのイベントは「レインボープリン」が必要となる部分なので、このアビリティを取れるということは「エンカウントなし」をもう少しで手に入れられるという状態のことが多い。

つまり、雑魚戦はほとんど必要なくなり、「サミング」もあまり使われなかったりすることが多い。だが、後半の鬼畜モンスターの一部にも効果があるので、レベル上げやレアアイテム狩の際には「のろい」などと同様に有用な技。

エンカウントなし

◆効果:ザコ敵との通常エンカウントが全く発生しなくなる

◆お勧め使用キャラ:セシル

コメント

入手は困難だが、これがあると非常に快適に周回プレイすることができる。

手に入るのは1つだけ。使うのは、ずっとパーティーにいるセシルに使うのが普通。

???への思い

◆効果:通常の攻撃だが、ポーチカ同士の対戦をすればするほど攻撃力が高くなる

◆お勧め使用キャラ:好みで

コメント

ワイヤレス通信を使う環境であれば、必ず「げんかいとっぱ」とセットにしたほうがいい。

通信対戦ができない環境でも、LV70からのレベル上げのステータス上昇値が全能力UPと超優秀。その場合は、逆に「げんかいとっぱ」をつけていないキャラに使用すると非常に有用。

入手時点で名前を付けることになるが、その時にまだ誰に使うか決められない場合は、特定の名前は入れないほうがいいかも。セシルに使うつもりで、「ローザ」と入れて、結局リディアに使うことになったりすると変なことに(笑)

げんかいとっぱ

◆効果:デフォルトの状態で制限されているダメージ値を解除(最大99999になる)

◆お勧め使用キャラ:カイン、リディア、セシル

コメント

クリアデータを引き継いで再開すると、ゲーム開始時に1個持っている。3周までしか引継ぎゲームをできないので、2つしか入手できない。問題は誰に使うかと言うところ。

ローザはほとんど意味がないので除外、エッジも攻撃力のあるカインやセシルに劣り、「オニオンソード」も装備できないので除外。実質残り3人のうちから2人選択。

プロトバブイル戦でLV99(力99)のカインに付けると、「げんかいとっぱ」「ためる」「あんこく」「ジャンプ」で90000以上のダメージを与えることができる。カウンターを持っているプロトバブイルに対しては最も有効な手段とされ、大抵の人は1つ目はカインに使うことが多い。

リディアは「れんぞくま」「メテオ」で大ダメージを与えることができる。ただし、プロトバブイルには「ぎゃくてん」がないとカンストしない。雑魚戦や他のボスにおいては、「フレア」などでも大きなダメージが出せ、「ほしくずのロッド」の「プチメテオ」なども便利。魔法攻撃力UPのアビリティが「ぎゃくてん」しかなく、その使い勝手から本領を発揮しづらいのが難点。

セシルは「ふたりがけ」の最強魔法「アルテマ」の性能(メテオの約4倍)を引き出すにことができる。また、有名なプリプリ狩りでは、「ほしのすな」1発でプリプリを全滅させることも可能。

通常攻撃においてもカイン以上なので、「ジャンプ」こそないものの、ダメージUPのアビリティと組み合わせれば大ダメージが出る。「バーサク」を使った戦法ではカインと2人で火力役になれる。カインにも言えるが、「オニオンソード」を手に入れるとさらに凄まじい効果を発揮できる。

プロトバブイル戦だけ考えると。セシルは壁役なので不要と思われがちだが、「発狂」してからは全員攻撃に回るので普通に必要。「発狂」前は「げんかいとっぱ」での大ダメージはカインで十分だし、「発狂」後は素早く何度も大ダメージを出せるセシルとカインの猛打が非常に有効になる。

個人的には、もう一つはセシルに使うのがお勧め。

sponsored link
LINEで送る
Pocket