ファイナルファンタジー3 (ff3) DS(iOS Android PSP)|ジョブ評価 – 賢者

アビリティ

魔法

クラス8までの白・黒魔法、白黒召喚を使うことができる。

解説

召喚魔法が白・黒ランダムになったりとFC版よりも弱化。賢者が弱化というよりも、魔道士系全般に上位の魔法使用回数が減っているのと攻撃魔法の重要度が下がっているので、その分FC版のような完璧なイメージはなくなったというところである。

劣化版導師といわれることもあるが、別にそういうわけでもない。攻撃魔法での活躍が余り見込めないために、メインの役割が回復となる。それなら、魔法使用回数が多く回復量も多い導師をエキスパートとして使ったほうが良いというだけ。

育てれば攻撃魔法はそれなりに使える。つまり、魔人はさらにいらない子ということに(笑)

パーティーの戦力によっては「後ちょっとで雑魚を1ターンで倒せるのに」という状況も結構あるので、そんな時に魔法でとどめをさすことくらいはできるかもしれない。

召喚魔法は合体でなくなったが、白・黒もなかなか面白い。というよりも、実は、白・黒魔法になったことでDSにおいては賢者は強化されていると言える。これが賢者の最大のポイント。(DSにおいて合体召喚は大して使えない)

バハムル(オーラ)は攻撃力1.5倍で持続ターンも長い。「ヘイスト」や「こうげきのうた」との併用も可能で、これは最強のドーピングである。導師と性能が差別化されてる分、賢者はこれがあると考えて良い。

ボス戦で最初のターンでかければ戦闘は一気に有利になる。1回目で失敗しても、大抵のボスはHPが減らないと強力な攻撃は使ってこないので、何度か挑戦するチャンスはある。

ラスボスの「波動砲」の時間差攻撃は初心者プレイヤーを悩ませることがあるが、バハムル白と他の攻撃力UPアビリティや魔法を併用することで、波動砲の使用を1回未満に抑えて倒すことも可能。

賢者はよく魔法使用回数がネックとされるが、通常必要とされるレベルでの攻略なら、実際は魔法回数は余るので問題ない。特に長いクリスタルタワーや闇の世界でも、DS版はボスを倒せば魔法使用回数は回復するので余裕である。

エリクサーは敵から盗むこともできるし、それほど使うわけでもないので終盤までにたくさん余る。ラスボスに1つ使うことがあるかどうかだろう。

もう一つは、精神が導師のほうが高いので回復量に差が出るというところ。これも、賢者のケアルダ(ガ)で十分の回復量である。白のローブなど装備も精神の上がるものに臨機応変のするとさらにいい。実は、クリアレベルだと、装備さえ気をつければ導師とそこまで変わらない。

レベルや熟練度が低いうちはケアルダでは寂しいところがあるので、その場合は導師ならケアルガを連発できる。

素早さに関しては、賢者は鈍足であるが、これは「ケアルダ」→「ケアルダ」→「全体攻撃」→「全体攻撃」のように時間差でタイミングがずれる心配が減ることもあり、一概に悪いとは言えない。

さらに、「すべてのぼう」も装備可能で導師よりも地味に攻撃力が高い。まあ、あまり役に立たないけど。

「導師一択で賢者を使うメリットがない」ということが囁かれているが、じっくり研究するとむしろ逆なことに気づく。導師のメリットは魔法回数の多さと精神の高さであるが、これは通常攻略においてオーバースペックにもなり、賢者でも十分である。(鉄巨除く)

少しレベルが低いうちは、ボスの本気を出させる前に一気に叩くバハムル戦法が有用だし、通常レベル、もしくはそれ以上なら賢者で十分。(さらに上がると、鉄巨除いて赤でヒーラーは十分になるが)

賢者はそれに加えて、黒魔法と黒・白召喚が使え、装備も多くなるというメリットがある。雑魚戦でも手持ち無沙汰にはならない。

慣れたプレイヤーからすると白・黒魔道士よりも赤魔道士が使いやすくなるように、賢者も導師より面白い存在に。初心者は導師のほうが使いやすいだろう。

特に、パーティーに赤魔道士がいる場合は、回復にも余裕ができるので導師よりも賢者が適任。

sponsored link
LINEで送る
Pocket