ファイナルファンタジー4 (ff4) DS(iOS Android)|感想

 1991年に発売されたスーパーファミコン(SFC)版に始まり、既にPSやGBAとたくさんのハードでリメイク(移植)されており、その度に、それぞれオリジナルな変更点や追加要素などが加えられているファイナルファンタジーⅣ。

思えば、当時SFC版が発売された時のインパクトは圧倒的だった。前作のFF3がFC、当時圧倒的な支持を得ていたドラクエシリーズの最新作であるDQ4もFCだったので、FF・DQではFF4が最初のSFC作品であった。

DQ4をプレイした後にFF4をやったのだが、当時は、DQシリーズとは比べ物にならないグラフィック、音楽、ドラマティックなストーリー展開に度肝を抜かれた。おなじみのファイナルファンタジーのテーマソングとともに、暗黒騎士のセシルと竜騎士のカインが城を出て旅立つところでは、やっぱりFFすげーと飛び上がるような気持ちになった。

FF3のころから「RPG好き」の中ではDQ2・3と同様なくらいの評価を得ていたFFであったが、一般層から「DQよりもFF」というこだわりを持った「FF派」と呼ばれるような人達がはっきりと出て来たのはこのFF4の辺りからであろう。

 ここ最近の新作は「ムービーゲー」と批判されがちなFFシリーズでもあるが、元々、DQと比較した上でのFFの強みは、ストーリーとグラフィック・音楽の演出であると思う。この3つは相互に補完し合うものでもあり、この強みが合ったからこそ、ハードが新しくなるに連れてよりFFの良さが引き出せるようになり、今の地位を確立できたとも言える。

近年のゲームへの不満は、薄っぺらいストーリーや感情移入できないキャラ設定、苦痛でしかないお使いゲームや、やたら複雑なわりにおもしろくないシステムなど.. 誰も幸せになれない作り自体に問題があるだけである。FF10などは一部の層を除いては国内外で高い支持を得ている。

純粋にムービーゲーが嫌いな人もいるが、そうした人たちはPS以降のゲームはつまらなく感じるだろうし、確かに、FF3や5などはジョブシステムのような「システム」でも優れた面を持っているが、そうしたところは元々DQと差別化されたFFの強みではない。「ハードが新しくなるにつれてFFは駄目になった」分けではない。映像がきれいなこと自体はマイナスにはならない。

 話がそれたが、FF4は発売当時はかなり注目を集めたということである。リメイクのプレイが始めてだったりすると、先にPSやPS2、それだけでなく、FF4の後継である5や6をプレイしてしまっていることが多い。

オリジナルのFF4は、システムよりもストーリー重視で作られていたため、映像も物語のボリュームもパワーアップした後継のゲームと比べられるといまいちと感じてしまう人もいるかもしれないのだが、決して悪いもんではないぞとちょっと言いたかっただけである。

個人的には、今でもFF4は普通に好きだし、何度もクリアしたくなるゲームでもある。シナリオの長さが調度良く、不思議と飽きがこない。

ボス(ラスボス)を緊張感もって戦えたのはFF4が最後だったなぁと思う。後になっていくにしたがって、どんどんぬるくなっていくし。ラスボス戦は現在でも高く評価されていいと思う。

FF4 DSの感想

たくさんのバージョンがあるFF4であるが、DS版についての特徴をいくつか挙げると..

1.オープニングが神

いや、これはかっこいい。一度プレイしたことのある人でも、映像を見たら本当にやりたくなる。でも、ゲームの中での映像のキャラはなんかちょっと違うおちゃめキャラになってる… これは容量とかでしょうがないのだろうか… とりあえずオープニングだけ誉めておく。

2.「愛のテーマ – Theme of Love」 が神

当時プレイしていた時は、こんな神曲だとは思わなかった… 別にDS版の特長でもないけど、DS版はやたらいいと思う。この音楽の良さは大人になってからの方が分かるのかも。(そんなことないだろうけど)

ついでに、これに歌付きで「月の明かり」というのが追加されている。これも素晴らしい。ちょっと切ない感じがたまらない。

月の明かり

実は、「月の明かり」は「カイン」の気持ちを書いた詩だそうで。よく読んでみると確かにそうかも。

最近は小学校の音楽の教科書に「愛のテーマ」が載っているそうで。なんとすごい時代になったもんだ。

月の明り-ファイナルファンタジーIV 愛のテーマ-(DVD付)

3.敵が鬼強い

「強い」じゃなくて「鬼強い」近年のぬるいRPGでは珍しい戦闘難易度。ゆとりRPGに慣れていると、普通に挫折もありえる。

元々、オリジナルも後半に出てくる敵は雑魚でも強かったのだが、そういう次元じゃない。普通に序盤の雑魚でも全滅の危険のある敵がいるし、中盤・後半になるにつれてさらにエスカレートしていく。後半はちょっとひどい(笑)

ボスは雑魚以上に強化されていて、最初に出会うボスですら全滅できるくらい。予備知識なしでプレイしている人は、クリアまでに相当数の全滅を経験することになるだろうと思われる。

なんでも、一度他のハードでクリアしたことのある人向けに難易度を設定したようで、初心者お断り!というわけではないだろうけど、そのくらいの難易度に化けている。

正直、かなり戦闘が大変なのだが、これは好みに次第。単なるマゾゲーと思うか、これぞRPGと思うかどちらかかだろう。後でプレイヤーにぼろ糞に叩かれそうなこの難易度に設定したスクエニは、ある意味すごい冒険をしたと思う。

個人的には、これはこれでありかもと思っているが、さすがに1周目は切れそうになったことも。

初期のSFC作品なので、一度クリアしたことのある人なら本来だと1日中やり込めばクリアできてしまうボリューム。それが、ストーリーはそのままでも、難易度の高さ(戦闘時間の長さ)から結構時間がかかるようになっているおかげで、ほど良い長さになっているとも言える。

強すぎる敵に対しての救済策として、シナリオの途中で度々手に入る「デカントアビリティ」なるものを工夫して使っていくことによって、戦闘を有利に進めていくことが出来る。周回分も持ち越せるので、2・3周目になるほど楽になる。いわゆる強くてニューゲームの縮小バージョン。

そして、2周目以降では最凶の裏ボスとも対戦して力試しができ、2・3周目まで楽しめるようになっている。というか、始めから周回プレイが前提になっていると言ってもいいくらい。

一度プレイしたことのある人向けのというのなら、一度クリアした人は周回なんて飽きてやりたくないということをちょっと考えてほしかったが… でもまぁ、なんだかんだで楽しめた。

4.デカントアビリティ

オリジナルは、戦闘は通常の典型的なRPGと同じで、ストーリーも中盤~後半の一部を除いてメインストーリーは1本道に近い。最終メンバーも固定と、いわゆる「システム」的な面白さはそれほどなかったFF4であるが、DS版では「アビリティ」が追加されて、戦闘がより奥深くなった。(GBAのサブキャラを最終メンバーに入れられるのも、ファンとしてはものすごくうれしかったが。)

DS版では、裏ボスは2体存在するものの、裏ダンジョンは存在しない。使いまわしや、やっつけのダンジョンなんて追加されてもめんどくさいだけ。その分システムの変更&強化に力を注いでくれたのは良かったと思う。本当のゲームの面白さとはこういうところなのだから。

アビリティも、組み合わせによる工夫で戦闘難易度が大きく変わるだけでなく、入手数に制限があり、一度使うと外して他のキャラには使えないというのはなかなか良いアイデア。プレイヤーによって使い方の個性が出てくる。その代わり、使う際はものすごく熟考して使わなければならないので、やっぱりちょっとストイックなゲームだろうと思う。

その他

・マップ踏破は予想通りというか、判定が微妙。

・画面はきれいになったけど、まぁやっぱり他のゲーム同様程度にもっさり。

・レアアイテム狩り用のアイテムが増えている。個人的はめんどうなのでやりたくないけど、コツコツ作業が好きな人には楽しめると思う。やらなくても問題はない自由度なので、その辺はいいと思う。

・サブイベントは、ネミングウェイ関連は一部難易度が高いのがちょっと、長さは適当。開発室の充実は良かった。ポーチカは知らん。

全体として、「リメイク」としては良いできだったんじゃないかと思う。多少好みは分かれるかもしれないけど。

sponsored link
LINEで送る
Pocket