ファイナルファンタジー4 (ff4) DS(iOS Android)|プロトバブイル 攻略(2)

プロトバブイル対策基本

具体的な戦い方例

【セシル】がまん/(あんこく)/ひきつける/げんかいとっぱ/がまん(オート)
【カイン】ためる/あんこく/げんかいとっぱ/ふたりがけ/ジャンプ(オート)
【ローザ】れんぞくま/まほうぜんたいか/はやくち/ふたりがけ/防御(オート)
【リディア】れんぞくま/うたう/うそなき/はやくち/防御(オート)
【エッジ】あんこく/せいしんは/(なげるなど)/フェニックス/防御(オート)

パターン作り1

最初に行動できるキャラが、アイテム「くものいと」でプロトバブイルに「スロウ」をかける。セシルだった場合は「がまん」で、2番目のキャラが「くものいと」。ローザだった場合は、「れんぞくま」で「スロウ」と「ヘイスト」。

ローザは既に「スロウ」がかかっていたら、「ヘイスト」と「シェル」。カインとエッジはやることがなければ、アイテムでの回復役としてYでキャンセル待機。リディアは「うそなき」で泣いておく。

運が悪いといきなりプロトバブイルの「バブイルの光」攻撃でセシル死亡となるが、慌てずにすばやく「フェニックスの尾」で復活させれば、そのうちセシルに「9ディメンジョン」を使ってくるので、そこで回復&「がまん」ができるはず。スロウとヘイストを使っていれば、こちらの行動が早く回ってくるので「9ディメンジョン」まで待たなくてもわりと立て直せる。

パターン作り2

セシルは「がまん」は再入力してしまうと実行までのタイムラグができ、その間に「バブイルの光」で攻撃されてしまうことがあるので、以後はずっとYでキャンセル待機。

次は、カインとローザの「ふたりがけ(バブル)」を使う。(シンクロ率に注意)その間、リディアは「すばやさのうた」を歌っておき、エッジはセシルのHPをエリクサーで回復。

「バブル」がかかったら、ローザの「ケアルガ」×2で回復する。これで第1段階の準備完了。

第1段階

カインは「ためる」×3を使い、その後に「あんこく」→オートで「ジャンプ」。(コマンドが決定したらすぐに戻す)オートにするタイミングは敵の行動直後。セシルが「バブイルの光」を食らった後でも、「バブル」を使っておけば2発は耐えられるはずなので回復が遅れることはない。そうでなくても、「スロウ」「ヘイスト」状態なら普通に敵の行動準前にこちらのターンが回ってくる。

ジャンプで落ちてきた後にカウンターの「透過レーザー」が来ることもあるのでローザの「ケアルガ」で回復。「バブル」を使っていれば全員耐えられる。

これを繰り返し、プロトバブイルの残りHPが120000切らない程度に痛めつける。エッジは暇なので「せいしんは」でも使い、その後は待機(「せいしんは」別に必要ないけど)。リディアは「すばやさのうた」でも歌っておく。

カインは「ためる」の回数の違いでどのくらいダメージが出るかあらかじめ計算しておくといい。大抵は最大火力2発+ちょっと手抜き1発で適度なダメージになる。微調整に、エッジの「ふうましゅりけん」なども使う。要は、プロトバブイルの残りHPが120000を切らなければOK。

第2段階

プロトバブイルの残りHPが120000手前になったら第2段階の準備完了。次は一旦立て直し、カインはもう一度最大火力の準備。ここからは一番難しく、やり方もいくつか考えられる。

残りの3~4万程度のダメージを、敵の行動前にどう与えるか。ジャンプして降りてきた直後に、リディアは「メテオ」×2 エッジは「ふうましゅりけん」、ローザは「ホーリー」×2。これで4万ダメージで倒せればいいが、これで足りない場合や、コマンドを選択している間に敵の行動が回ってくる場合もある。カウンターでセシルに続いて、リディアなどの攻撃役が死ぬ可能性も。

バーサクを使う場合、ヘイスト+スロウ+すばやさのうた状態なら、敵の攻撃直後に行動すれば、次の敵の行動までに2回行動できるので、カインの最大火力準備中に、セシルは「あんこく」を使い、すかさずまた「がまん」。次の敵の攻撃の後に、「つきのカーテン」を使い。すかさずまた「がまん」。エッジは「あんこく」。「つきのカーテン」後は、セシルの回復は「エリクサー」で。

準備が出来たら、カインはオートでジャンプし、降りてくるまでに他のキャラは待機。カインが落ちてミスしなければ、すかさずローザは「れんぞくま」でセシル(クリスタルメイルだとバーサクが効かないので注意)とカインに「バーサク」エッジは自分に「バッカスのさけ」。これで、数発当てれば倒せる。

プロトバブイル 攻略(3)

sponsored link
LINEで送る
Pocket