ファイナルファンタジー3 (ff3) DS(iOS Android PSP)|お勧めジョブ編成について

お勧めジョブと言っても、FF3DSは、全てのジョブがそれなりに使えるようにバランス調整されているので、自分のお気に入りのジョブを使えば良い。

大事なのはパーティー全体のバランスを取ること。

あくまで個人的な見解だが、以下の基準でいくつかパーティー編成のパターンを考えてみたい。

パーティー編制について

効率的な移行

序盤から終盤まで、できるだけジョブチェンジの回数が少なくなるようにしたほうがいい。(但し、ガルーダ戦の竜騎士や小人に変身して進む洞窟などは必要に応じて変更する。)

ジョブ移行のペナルティの問題だけでなく、熟練度がジョブの強さに影響するので、できるだけ長く使い続けることがポイント。後半にゴブリン相手に熟練度上げをすれば問題ないが、あくまで余計な熟練度稼ぎが必要ないスムーズな攻略が前提。

例えば、ジョブ間の能力差が縮まり、各ジョブが入手からストーリー全体を通して活躍できるリメイク版においては、戦士⇒ナイト⇒戦士⇒ナイト(ループ)のような移行はメリットがほとんどないだけでなく、育成のデメリットも大きい。

また、魔道士系で使い込んだジョブを終盤に戦士系、戦士系で使い込んだジョブを終盤に魔道士系にしたりすることは、せっかくためた「手熟練度」が勿体無い。戦士系は戦士系、魔道士系は魔道士系(補助系)として役割を決めて育成した方が効率的。

当然、熟練度稼ぎは前半に手に入るジョブほど有利ではある。

裏ボスについて

DSは通信環境のモグネット必須。鉄巨人は、正攻法ではたまねぎ剣士で挑む。低レベルで挑戦する場合、ある程度固定のジョブと編成になる。また、できるだけ体力の高いジョブでLV70程度まで上げる必要もある。

熟練度は土クリジョブ含む全員99まで上げて挑むことになるので、特別な稼ぎが必須。どちらにしろ、レベルもかなり上げることになるのでやり込みの範囲。

対鉄巨に必要な忍者や導師、レベル上げに最適な空手家は土のクリスタルまで使用できない。吟遊詩人やバイキングは早期に使用すればシナリオ攻略中にも熟練度を上げることができるが、後で忍者や導師の熟練度を1から上げる作業をするので、あまり作業の簡略化とはならない。(吟遊詩人は優秀なので普通に入れることが多いが)

土クリ入手後に裏ボス編成にしてしまう手もあるが、どちらかと言うと守備的布陣で、通常攻略としての編成としてはやや戦闘がめんどうな組み合わせ。土クリ~クリアまでに自然に上げられる熟練度もそれほど多いわけではない。

結局、クリア後に全員まとめてゴブリン道場のほうが楽になるので、クリアまでのジョブ編成と裏ボス用のジョブ編成は分けて考えてもあまり変わらない。つまり、無理して裏ボスまでのプランを考慮してプレイする必要はなし。

全体のバランス

最終戦をやや重点に置き、中盤もそこそこスムーズに進めるバランスの良い編成を考える。

最終パーティーができるだけ最強になるように考えつつ、前半・中盤も苦労せずに攻略できるようなパーティーがベストだと個人的には思う。

中盤で風水士×3などの編成は中盤は無双できるかもしれないが、最後まで考えると計画的なパーティーとは言えない。

まぁ、中盤らくで終盤平均のパーティーだっていいが、通常は最後にベストに近い編成になるのがベストプラクティスだろう。

なんだかんだで能力

ジョブ間で能力の差が減ったとは言え、実力が違うことは確か。あくまで理に適った編成を考えるというのであれば、その中でも優秀と思われるジョブを選ぶことになる。

最後は好み

見た目やイメージも大事。正直かっこ悪い。似合わない。と思ったジョブは愛着が湧きません(笑)

具体的な考え方

主に、使用するジョブは↓前に書いたお勧めジョブ。

お勧めジョブ(1)
お勧めジョブ(2)

*通常レベルでのクリアを想定

1.とりあえず、1人はメインヒーラーとして導師(賢者)候補

2.シーフを入れるか?

  ・まもりのゆびわ(グングニル)を取りたければ入れる。苦労して取る価値は十分ある。
  ・シーフも中盤からは火力要員になれる。

3.裏技解禁するか

  アイテム増殖の裏技を使うか、正攻法で進めるか。裏技解禁なら学者・忍者も候補。

4.攻撃を重視するか、守備を重視するか

  パーティーに赤魔・バイキング(ナイト)を含めるか、火力重視の戦士・狩人にするか。

基本の編成

A:アタッカー
B:アタッカー
C:サポート、サブヒーラー、アタッカー
D:ヒーラー

基本はアタッカー2人にヒーラーを1人、残り1人にサポートなどを入れるのがバランスとしては良い。

こうなると、候補はほぼ決まってくるが…

sponsored link
LINEで送る
Pocket