ファイナルファンタジー3 (ff3) DS(iOS Android PSP)|お勧めジョブ編成 – 中盤以降の編成について

中盤以降の編成

序盤の編成については↓

理論編(序盤の編成について)

火・水のクリスタル

火のクリスタルは狩人・ナイト・学者・風水士が使用可能に。水のクリスタルは竜騎士・バイキング・魔剣士・幻術士・吟遊詩人が使用可能になる。

ここからは、最終的にメインヒーラー(導師・賢者)にする予定のキャラ以外は、可能な限り最終形を意識しながら編成を組んで行きたいところ。残したメインヒーラーの1人は、土クリまで赤から白に変えても良い。

火クリは狩人、水クリはバイキングや吟遊詩人が最終候補。風クリの戦士やシーフの場合もそのまま継続。

繋ぎのジョブ

火クリ入手からしばらくは風水士、水クリ入手からしばらくは魔剣士が同時期では頭1つ抜けて優秀なため、中盤を楽に攻略したい場合、間にこれらのジョブを挟むのもあり。ただ、水クリ以降は打撃アタッカーが徐々に本格化しだす頃なので、育てたいジョブで問題ない。

水クリで使いたいジョブがある場合は、それまで風水士を入れておくと良い。赤⇒風水士が理想。

ガルーダ戦

全員竜騎士にするのが手っ取り早い

小人になる箇所

赤魔はそのまま。残りは風水士もいいが、魔剣士の「あんこく」が小人状態でも威力が落ちず全体攻撃なので、後者のほうが良いかも。全員変える必要もなく、打撃職は適当に無駄打ちして手熟練度を稼いでも良い。

メインヒーラー

土クリ入手後に、赤魔道士を導師(賢者)にする。中盤は赤1人でヒーラーをこなす。召喚獣戦を早期に挑む場合を除いては、ハイポーションなどのアイテムもうまく利用すれば特に問題なくこなせる。

最終パーティーに赤・導(賢)2人入れる予定の場合は、赤2人を使い続け、1人は最後まで使用、もう1人を導(賢)にする。

導師と賢者

導師について

精神(回復量)・魔法回数が多く、素早さが高い。特に戦略を立てずにヒーラーは毎ターン回復という、打ち合いの戦法をしても回数に余裕がある。瀕死の状態からでも全回復可能で、普段はケアルダでも十分。

早さもあるので、ピンチになってから回復という遅回復でも賢者に比べ間に合う確率が高い。攻略の事前知識のないビギナーは導師のほうが最適。回復専用機として置けばストレスなく使える。

回復・補助オンリーなため、雑魚戦では手持ち無沙汰になることが多く、慣れたプレイヤーからすると、長所である回復量・使用回数ともに余りがち。通常クリア程度ではオーバースペックにもなる。

賢者について

前述したように、導師の長所である回復量・魔法回数は慣れたプレイヤーなら十分足りるのでほとんど問題とならない。瀕死の時以外はケアルダを使用。回復量を上げるため、ヒーラーとして使用する場合は白のローブ推奨。土クリ入手後から育てるなどの工夫はあったほうが良い。

素早さが低いことに関しては、毎回敵の行動の後に回復できるという点でむしろ安定という意見も。通常使う分には多少のストレスはある。幸い手熟練度を上げる必要がないので、熟練度を上げたい時は防御などを行うと良い。

黒魔法・白黒召喚を使えるが、終盤の攻撃魔法はあまり役に立たないので、味方の攻撃の援護というおまけ程度。そのため、合体召喚でなくなったことは、賢者の弱体化というよりはむしろ強化することになっている。

バハムル白(オーラ)は二分の一の確率だが、発動すれば攻撃力1.5倍で持続ターンも長い最強のドーピング。ダメージにすると2倍くらいになり、ボス戦でも大抵戦闘終了まで続いてくれる。(というより、短期で勝負が決まってしまう。)

リメイクのボスはHPが減ると強力な全体攻撃を頻繁に使用してくる傾向があるので、攻撃のぬるい戦闘始めに準備をして短期決戦に持ち込めば、低リスクで倒すことができる。これを利用すれば、賢者はある程度低レベルでの攻略や初心者向けになる。もちろん、レベルが上がれば賢者で十分という話になり、さらに上がると赤で十分となる。

その他、全ての棒なども装備でき、地味に攻撃力も高いがあまり意味はない。工夫をすれば、赤魔道士と同じように、デメリットを消しながらメリットの恩恵を受けられる。

sponsored link
LINEで送る
Pocket