ファイナルファンタジー3 (ff3) DS(iOS Android PSP)|お勧めジョブ編成(まとめ – 理論)

結局お勧めは何?

今回の条件はさらに絞って以下の通り

1.裏技は使用しない

やっぱりインチキは(・A・)イクナイ!

使う使わないはどちらでもいいとして、お勧めとしての組み合わせは正攻法プレイを前提に考えたい。

2.「まもりのゆびわ」は入手する

シーフを育てて「まもりのゆびわ」を手に入れれば、それに見合っただけの効果は見込める。

その他、ジョブ編成についてのポイント↓
お勧めジョブ編成について

風のクリスタル

A:シーフ
B:戦士
C:赤魔道士
D:赤魔道士

やはり、初期のジョブはこれ1拓。

説明はほとんど既出だが↓
序盤の編成について

A:熟練度を稼ぐために固定。

スパークダガーを二刀流できるオーエンの塔辺りでは雑魚相手なら活躍できるが、ほとんどの時期は先行投資だと割り切って我慢。ボスは後列盾装備でアイテム要因。

先頭に配置して置けば、アーガス城でギサールに行く前に宝物庫の鍵のかかった扉を開けることも可能。

ハイン戦やクラーケン戦でどうしても邪魔な場合は、その時だけ学者や赤魔などに変える。

B:先の打撃要因の原型

サラマンダー戦で大活躍なのはもちろん、フリーズブレイド、キングスソード、ブラッドソードと強力な武器が手に入り、先に進むたびに強くなる。フレイム+アイス装備で属性魔法への防御も高い。

最終的な打撃系火力要員として、手熟練を上げられるのも一石二鳥。戦闘が早めに終わってしまいそうなときは「ぼうぎょ」を選択して行動させると熟練度をしっかりと上げられる。

C:回復+攻撃魔法役

回復役、トード・ミニマム役として(白魔道士)が1人と、ボス戦での魔法攻撃役として黒魔道士が1人必要になるが、ここは赤魔道士2人。

赤魔は最終まで使う選択肢にもなれるので、序盤から使えば熟練度を上げることもでき、捨て駒になる白・黒魔道士よりもお特である。(性能面でも白・黒を選ぶメリットはないが)

D:回復+攻撃魔法役

同上

火のクリスタル以降

中盤以降の編成についてのポイントは↓
中盤以降の編成について

具体的な編成については後述。

ここからは数パターン。裏技無しのシーフ有りなので、結局以下のパターンから絞られそう。

お勧め編成(シーフ有りパターン)

序盤の編成から繋ぎのジョブを入れつつ、最終的にアタッカーは「戦士・狩人」、サポートは「吟遊詩人・バイキング・赤魔道士」、ヒーラーは「導師・賢者」の中から選択していくことになる。

sponsored link
LINEで送る
Pocket