ファイナルファンタジー3 (ff3) DS(iOS Android PSP)|お勧めジョブ編成(番外)

主アタッカーを狩人に

基本的にはアタッカーは戦・狩の2人。どちらか残すなら戦士と言うところだが、狩人を残すパターン。

シーフ⇒忍者

A:シーフ⇒(忍者)
B:戦士⇒狩人
C:赤魔道士⇒(風水士)⇒赤魔道士OR吟遊詩人ORバイキング
D:赤魔道士⇒(白魔道士)⇒導師OR賢者

シーフ(忍者)がアタッカーとしているので、これでもそんなに悪くない。中盤はシーフに頼りれるし、雑魚戦はこちらのほうが手っ取り早そうである。

シーフ⇒導師

A:シーフ⇒導師(賢者)
B:戦士⇒狩人
C:赤魔道士⇒(風水士)⇒赤魔道士OR吟遊詩人ORバイキング
D:赤魔道士⇒

これだと、赤を狩人にして戦士を残す場合と変わらない(笑)

赤を残し、もう1人の赤をサポートにする場合、ちょっとラスボスが戦いにくそうである。シーフを終盤まで残すので、クリスタルタワーまでは上記のパターン同様悪くはなさそう。

シーフを戦士に

A:シーフ⇒戦士
B:戦士⇒狩人
C:赤魔道士⇒(風水士)⇒赤魔道士OR吟遊詩人ORバイキング
D:赤魔道士⇒(白魔道士)⇒導師OR賢者

戦士の「ふみこむ」は熟練度が低いうちでもそれなりに効果が見込める。ジョブ熟練度自体が低いので本領は発揮できないが、いきなり投入でシーフよりも強いのならこれもあり。道中、シーフは「ぬすむ」ではなくて積極的に手熟練度を上げておきたい。

シーフを戦士にするので、戦士は狩人にする。こうすれば、サポートの1人は早い段階から育成できる。どうせなら吟遊詩人かバイキングにしたい。どちらかと言うと、バイキングがこの編成では恩恵を受ける。

シーフを使いつつ戦・狩・バ・賢にする場合、シ⇒賢だと賢者を育てる期間が短いのと、中盤にヒーラーがいなくなってしまうのが難点。このパターンなら狩・バ・賢を可能な限り育成できる。

sponsored link
LINEで送る
Pocket