ファイナルファンタジー3 (ff3) DS(iOS Android PSP)|お勧めジョブ編成(まとめ – 防御重視パターン)

攻撃重視パターン

バイキング

A:シーフ⇒導師(賢者)
B:戦士
C:赤魔道士⇒狩人
D:赤魔道士⇒(白魔道士)、バイキング

守備系の理想はバイキングを入れることなのだが、「挑発」の成功率を上げるためにできるだけ熟練度をあげて置きたい。しかし、前衛2人も同じことが言え、そうすると、中盤のヒーラーがいないことに。

FF3は中盤ボスがスカスカなため、攻略に慣れていればヒーラー抜きでもアイテムに頼れば切り抜けることは自体は可能。ボス戦のみ白を入れるという手もある。ただ、無理をするようであれば本末転倒。何のためのベスト編成なのか分からなくなってしまう。

本来は初心者向けのための守備編成なのに、”ベスト”に拘ってしまうと全く初心者向けではない。

また、上記の編成では導師(賢者)を育てる時間が少ないので、「ケアルガ」の回数が多い導師を第一候補にしているが、ここもできれば賢者の方が良い。守りの指輪を可能な限り早く入手すれば賢者でも良いし、これも、慣れたプレイヤーなら魔法使用回数をうまく考えて使いこなすことはできる。

最終形をある程度妥協、中盤に厚みを持たせて「攻撃型」の編成よりも楽にクリアするパーティーはいくらでも考えることはできる。だが、それで良いのか… とは考えさせられる。

火力ツートップ×2とバイキングにメインヒーラー、あくまで「最終形」としては理想のパーティー。

変則

A:シーフ⇒導師(賢者)
B:戦士
C:赤魔道士⇒バイキング
D:赤魔道士

アタッカーを削れば問題ないが、守備は完璧だが攻撃はいまいちとなってしまい、それだとベストの編成を考えることとちょっとずれてしまう。安定感はあるが。

A:シーフ⇒(忍者)
B:戦士
C:赤魔道士⇒バイキング
D:赤魔道士⇒賢者OR導師

上記のパターンなら、こちらのほうがシンプルだろう。これでも十分強いのだが、やはりシーフのところは拘りたいというのが本音なのだが…

A:シーフ⇒戦士
B:戦士⇒狩人
C:赤魔道士⇒バイキング
D:赤魔道士⇒賢者OR導師

進め方次第では、戦力としてならこちらの方が強い可能性も。ただ、戦士が本領を発揮できないのがネック。

赤魔道士

A:シーフ⇒賢者OR導師
B:戦士
C:赤魔道士⇒狩人
D:赤魔道士

赤魔道士の場合はシンプル。シーフの変更は可能な限り早い方がいい。だが、普通はやっぱり終盤になってしまう。

赤は理論上はサポートジョブのベスト候補だが、実際サポートの出番はそれほどなく、この場合竜騎士か忍者、空手家などを入れてアタッカーを3人にした方が強い可能性も。まぁ、守備的布陣というテーマなのでこれで良し。

クリムゾン+アルテマまで装備して、レベル・熟練・手熟練をそれなりに上げれば、並みのアタッカーと変わらなくなる。通常クリアからはやや脱線気味になるけれど。

ある程度レベルが上がれば導師や賢者は不要、ヒーラーは赤で十分になるので、赤を使う事自体は悪くない。ただ、対鉄巨は専用の編成があるし、本当のやり込みなら最強ジョブの玉ねぎ剣士もある… 少なくともレベル60以上で鉄巨以外で遊ぶなら。

賢者はバハムルがあるのでレベル問わず組み込む価値はある。

sponsored link
LINEで送る
Pocket