第2次スーパーロボット対戦|20話のグランゾンを倒す

第20話のグランゾン(シュウ・シラカワ)は普通にプレイする場合は撤退するまで耐えてやり過ごすのだけれど、実は計画的な育成と作戦を立てれば倒すこともできる。このゲームにおけるやりこみプレイの一つだが、難易度はもっとも高い。

グランゾンのステータス

LV:41
HP:3940
強さ:225
防御:225
早さ:175
移動:8

間接攻撃無効
グランワームソード:射程1
ブラックホールクラスター:射程8

1ターン目的フェイズに出現し7ターン目敵フェイズに撤退する

基本的な考え方

・高い防御力を誇りHPが非常に高い(生半可な攻撃ではダメージが通らない)
・間接攻撃が無効。四方を囲んで攻撃しかない(厳選したユニットのみ戦える)
・攻撃チャンスは実質6ターンしかない
・攻撃力が非常に高いが、2回は耐えられるHPが必要(愛2回で6ターン戦える)

つまり、グランゾンを倒すには「1ターン辺りに可能な限りの大きなダメージを与えるようにする」ことが攻略のポイントとなる。

20話時点でグランゾンにダメージを与えられる最も攻撃力の高いユニットで、かつダメージを倍増できる精神コマンドの気合、熱血を持っているキャラがその候補。

単刀直入に言えば、ゲッターロボ(ゲッタードラゴン)の「シャインスパーク」、グレートマジンガーの「サンダーブレイク」、グレンダイザーの「ダブルハーケン」(スペースサンダーより高い)、が順番にベスト3。アタッカーとして最も重要なのはゲッタードラゴン。

この3ユニットは、通常攻撃のダメージが高く、また気合か熱血の精神コマンドを所持しており、さらにHPが高いためグランゾンの攻撃を2回まで耐えることができるという意味でもベストとなる。

もう一つ必要なのは回復手段。短期戦と言えども6ターン程度は戦うことになるが、前述したようにグランゾンの攻撃に耐えられるのは2回まで。メタスで一人ずつ回復していたのでは当然間に合わないため、精神コマンドの愛が必要。2ターン攻撃したら、ターン終了前に愛を使い全回復。またその繰り返しを行うことで6ターンを凌ぐ。

そこで、まずメタスが愛を使えるが、もう一人愛を使えるのがマサキ(サイバスター)で必要不可欠となる。サイバスターのサイフラッシュはマップ兵器のため、間接攻撃に当たらず微弱ながらグランゾンにダメージを与えることも可能。

事前の育成

上記3ユニットで戦いを挑めば倒せるのかというとそうではなく、普通に戦っても返り討ちにされてしまう。グランゾンの防御力と最大HPが高いため、6ターンで倒すには事前のステージで主砲となる上記3ユニットのLVをできるだけ上げて攻撃力をUP、また精神の最大値を増やして熱血(気合)を使える回数を増やしておかなければならない。

具体的には、グレートマジンガーは熱血を2回(精神80×2=160)以上使えるようにしておくこと。それから、グランゾンから2回攻撃を受けないことも重要で、早さが126以上必要になる。また、サイバスターは愛を使えるLV(36以上)にしておく。ちなみに、メタスをおとりにするので、メタスも平均レベルくらいには育てておく必要がある。

育成ポイント

【アタッカー3ユニット】

言うまでもなく、「16話」のラストバタリアンを使って稼ぐのが王道。グランゾンを倒すためにあのボーナスステージが用意されていると言っても過言ではない。

名前 パイロット LV 経験値
ギラ・ドーガ 2 兵士 38 836
バウ 2 兵士 38 1064
ドライセン 2 兵士 38 836
ドライセン 1 兵士 39 858
メカ雷獣鬼 1 40 1040
シグ 1 キャプテンラドラ 42 1176
ギラ・ドーガ 2 兵士 40 880
ギラ・ドーガ 1 レズン 45 990
ヤクト・ドーガ 1 クエス・パラヤ 45 1350
ヤクト・ドーガ 1 ギュネイ・ガス 45 1350
ラフレシア 1 カロッゾ・ロナ 46 2208

例えば、一番経験値の多いラフレシアをゲッターロボGがLV8差の38で倒すと、LV44前後になる。これでグランゾンを倒すには十分。開始時にはこんなLVにはないが、この話は雑魚でもLVが38~40程度なので、これらを倒せば38まで上げられる。

また、ラフレシアの次に多いギュネイ、クエスのヤクト・ドーガを残りのグレートマジンガーとグレンダイザーで分けるといい。これで40~41くらいになる。ゲッターロボGも含め、できればあと少しでLVが上がる状態で倒すのがもっとも効率的。

VSグランゾン戦で求められるスペックは精神160以上、早さ126以上。以下がLV/精神/早さの値。

ゲッタードラゴン:43/176/144
グレートマジンガー:41/170/130
グレンダイザー:40/172/133

ゲッターロボGは精神、早さともに少し余裕があるが、最もダメージが見込めるユニットなのでLVが高いにこしたことはない。グレートマジンガーは精神160以上必須(熱血しかない)で、早さもこれで130なので、LV40程度欲しいということ。グレンダイザーも37程度は必要になると思われる。

もともと、グランゾンのLVは41なので、互角に渡り合うにはだいたいそれと同等以上なのはまあ当然か。

【サイバスター】

サイバスターのLV上げは19話で間に合う。具体的な方法は話別攻略のほうで解説。

第2次スーパーロボット大戦|攻略日記(7)

愛を覚えるのは36くらい。愛を使用するのに必要な精神が残っている状態、かつ味方の誰かのHPが減っていないと精神コマンドの一覧には表示されないので注意。(使用条件が揃っていないと表示されない)

LVを50まであげても、グランゾンに与えられるサイフラッシュによるダメージは大きくは変わらないので、めんどうな場合は36あれば問題ない。ただ、ここでクリアレベルの45くらいに上げておくと後々楽なのと、他のユニットへ経験値を回すことができる。

【足りなければ】

マグネットコーティング(4000G):素早さが1上がる
特訓の素(5000G):ランダムに1~255の経験値がもらえる

お店で買えるアイテムを使用することで多少は補える。できれば特訓の素でLVを上げたほうが後々のことを考えて無駄がない。特訓の素はもらえる経験値がランダムなので、セーブしてからできるだけ高い値でもらうようにする。

具体的な戦い方

開始時にサイバスターを右下に移動してサイフラッシュでドーベンウルフ含めた雑魚のHPを削る。そして、キュベレイやZZガンダムなど、適当なキャラで横のハンブラビを倒しておく。左下のアルソスは近づいてくるまで無視。

また、vガンダムをドーベンウルフの射程(5)に入れておくと、敵フェイズの攻撃に対する反撃(2回攻撃)でダメージを与えられる。次ターンはジャムルフィンから倒してしまいたい。その他のキャラはそのまま右方面へ進軍させておく。

1ターン目の敵フェイズにグランゾンが登場し、射程(8)内に誰もいない場合は、すぐ上の渦の一番右の真下に移動してくる。正確に言うと自軍の配置次第なのだけれど、次ターンの準備をするために右にユニットを集めていくと大抵はこうなる。

このグランゾンの左右と下を包囲して戦うことになるが、実は1ターン目に変形したメタスを渦の下へ配置しておくと、メタスの右に移動して通常攻撃を仕掛けてくる。

つまり、攻撃に四方向を使えるようになる。ただ、この位置だと上と右がジェノバM9の射程に入るので、攻撃を受けてしまう。まあ、たいしたダメージではないので放っておいていいのだけれど、2ターン目はあえて一方を空けておき、変形メタスをおとりにすると、グランゾンはまたメタスのところへ移動する。これで射程外へおびき出すことも可能。最初から3方向しか使わない予定であれば普通に戦えばいい。

グランゾンが移動したら、ゲッタードラゴン(シャインスパーク)、グレートマジンガー(サンダーブレイク)、グレンダイザー(ダブルハーケン)で囲んで、それぞれ気合か熱血を使用して攻撃する。ただし、なかなか命中しないのでリセットプレイ必須。必ずヒットさせるようにするのがポイントで、それさえすれば倒せる。サイバスターもサイフラッシュでダメージを与えられる。

メタス(変形必要)は雑魚の射程から離れた位置でグランゾンのおとりになり、毎ターン自身を回復。その他のユニットは下から来る雑魚を相手にしていればいい。もしグランゾンの四方を空けた場合は、3ターン目以降は塞いでおいたほうがいい。

2ターン目と3ターン目で総攻撃したら、最後にメタスかサイバスターの愛を使って全回復。4ターン目と5ターン目も同じように繰り返す。愛を使おうと思ったら行動済みだったということがないように、使うターンは最後に行動するように注意する。5ターン目の敵フェイズに増援が出てくるが気にしなくても大丈夫。

5ターン目の愛を使った後も、6ターン目と7ターン目で総攻撃。これで倒せないとグランゾンは撤退してしまうが、計算通りやっていれば7ターン目まで突入せずに倒すこともできる。

さらに、四方を空けた場合はvガンダム(熱血ビームサーベル)、Zガンダム(熱血ビームサーベル)、F-91(熱血ヴェスバー)での応戦も可能。ZZガンダムはグランゾンから2回攻撃を受けてしまうので雑魚専用に。ただ、すべての攻撃を当てるようにすれば応戦自体不要で、精神も後のキュベレイ戦にとっておいたほうが良かったりする。

実践

LVはゲッターロボGが43、グレートマジンガーが41、グレンダイザーが40、サイバスターが50の時。ゲッタードラゴンは気合×4でも熱血×2+通常攻撃×2でも、4ターンで与えられるダメージは同じ。

実際もっとLVを上げられるので、これより早く決着を付けることもできるし、ターン数に余裕があるのでこれより若干低いLVでも倒せる。

「2ターン目」
気合 シャインスパーク 384
熱血 サンダーブレイク 360
気合 ダブルハーケン 196
サイフラッシュ 65

「3ターン目」
気合 シャインスパーク 384
熱血 サンダーブレイク 360
気合 ダブルハーケン 196
サイフラッシュ 65

「4ターン目」
気合 シャインスパーク 384
サンダーブレイク 120
気合 ダブルハーケン 196
サイフラッシュ 65

「5ターン目」
気合 シャインスパーク 384
サンダーブレイク 120
気合 ダブルハーケン 196
サイフラッシュ 65

「6ターン目」
シャインスパーク 192
サンダーブレイク 120
サイフラッシュ 65

ここで残りHPは「23」。とどめは好きなユニットで刺せる。ただし、メタスとネェル・アーガマはダメージが通らない。

ちなみに、vガンダム(LV33)の熱血ビームサーベルで133、Zガンダム(LV37)の熱血ビームサーベルで96、F-91(LV31)の熱血ヴェスバーで144のダメージ。これで3ターン373のダメージを加算できるが、なくても上記の通り1ターン残し、7ターン目に突入することなく決着を付けられるので、精神は温存しておいてもいい。

sponsored link
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。